デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


福岡の施設

福岡市科学館で開催の「ぶっとんでるいきもの展」へ行った感想

更新日:


子供と一緒に福岡市科学館で開催されている「ぶっとんでるいきもの展」へ観に行った。

擬態化している生き物がおり、子供と探し合いっこして見つけていった。

ウルトラマンの怪獣として出てきそうな「マタマタ」という亀だ。すごい顔。

ハナカマキリは花の中に隠れていると思いきや、天井にぶら下がっていました。

2周目、回った時には下に落ちていた。

青色のカエル。おもちゃのような感じ。「コバルトヤドクガエル」は、熱帯雨林の宝石と呼ばれているが、猛毒を持っている。

「マンダリンフィッシュ」は、カラフルでカエルのような魚。

ヒナの時、口の中のカラフルなブツブツ部分が、光る不思議なコキンチョウ。エサをもらえるようにアピールできるようにそうなったのかな。

ヘラクレスオオカブト。「すげ〜っ」と興奮するも子供は冷めていた。普通のカブトムシの方がいいようだ。

さぁ、メインの「フタユビナマケモノ」は、終始後ろ姿しか見ることができませんでした。

少し手を動かしてくれたけどね。ラッキーな時だとパンフレットなどに掲載されている正面からの姿を見ることができるかもしれない。

普段、見られない珍しい生き物を見ることができ、驚きや発見がありました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-福岡の施設

Copyright© kozakura , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.