デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


アートイベント

krank marcelloが三菱地所アルティアムで開催

更新日:


イムズ8階にある三菱地所アルティアムにて「krank marcello ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた」が開催。

以下、チラシに掲載されている案内の引用文

藤井健一郎、輝彦兄弟を代表に福岡を中心に活動をするkrank marcello。2002年にアパレルと雑貨を扱う「marcello」を、2004年に家具店「krank」を設立し、その店舗を舞台に独自の世界を紡ぎ出してきました。

手を加えたヴィンテージ家具。古い木製のオブジェを素材に作り出される作品。光や影の効果を組み込んだインスタレーション。手製のライトや家具と共に木の枝やドライフラワーを用い生み出される空間。自然や草花、光や風の存在を感じて欲しい、krank marcelloの創作のすべてには、そうしたコンセプトが密かに織り込まれています。

「ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた」

ときどき私たちの前に姿を見せる虹。子どもの頃、おそらく誰もが魅惑的でふしぎな虹の存在に何かしらの想いを馳せたのではないでしょうか。走って行けば虹の根元に辿り着くかもしれない、七色の輝きにその手をかざすことができるかもしれない……。

いつの間にか忘れてしまった未知なるものへの好奇心、空想へのときめき。krank marcelloのクリエイションの源には、そうした感覚を忘れず大切にしたいという深い想いがあります。

これまで家具や作品、ショップ空間の中に込められたコンセプトが今回初めて展覧会という形で表現されます。アルティアムの展示空間がまるごとkrank marcelloの世界となってみなさまをお待ちします。静けさ、光の揺らめき、草花や動物たちが奏でる詩的で童話のような温もりあふれる作品世界をどうぞお楽しみください。

異空間に入ってしまうんじゃないかなと思わせる演出。映画でいうと「ナルニア国物語」「モンスターズ・インク」を思い出す。ぜひ体験していただきたい。

店舗では、フランスのアンティーク家具の中に数点展示されてあるのを見ていたが、一同に集められて見ると圧倒させられた。

日本人が製作したとは思えない発想と雰囲気だ。

光と影で演出した作品が多い。一瞬、不思議な感覚で驚き、演出を把握し、世界観を感じる。

理解したいようで、理解しなくてもいいのかもしれない。見たまま感じたままを素直に受け止めて作品に向き合う。長い時間、作品に囲まれていると別世界へ引き込まれていきそう。

 krank marcello ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた

開催場所/イムズ8階 三菱地所アルティアム
開催期間/2018年11月23日(金)〜2019年1月14日(月)10:00〜20:00
入場料/一般400円、学生300円

はじめて、開催期間中に再び訪れるかも。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-アートイベント

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.