デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

佐賀の施設 佐賀の観光

龍登園の波のプールと武雄市こども図書館

更新日:


スポンサーリンク




連休はどうしよう?と直前に宿の予約サイトを見てみると空き部屋が多い。きっと豪雨による災害でキャンセルが相次いだのだろう。被害が少ないであろう嬉野温泉のホテルを予約した。

1日目、現在、子供がもっとも大好きなのは水遊び。ということで昨年に引き続き龍登園の波のあるプールに行くことにした。猛暑ということで当然暑いっ!龍登園のプールは1時間ごとに15分間、波が発生して楽しめる。

プールで約2時間ほど遊び、半分の1時間は曇っていたが、それでもかなり日に焼けた。

最初は龍登園での宿泊にしようかなっと思ったが、喫煙の部屋しか空いていなく夕食なしだったので今回は諦めたのでした。

よって、嬉野温泉の華翠苑(かすいえん)に予約した。次の日、武雄市こども図書館に行きたかったからだ。

華翠苑に到着し、お腹空いていたから早めに夕食を済ませ、このホテルのおすすめの空中露店風呂へ入りに行った。ちょうど貸切状態。子供と2人で、はしゃぎまくって帰り際、別のお客さんが入ってこられた。ベストタイミングの入浴タイムでした。さらに地下1階には広い大浴場がありました。

 龍登園

住所/佐賀県佐賀市大和町大字梅野120
プール営業日/2018年7月21日(土)~8月26日(日)
営業時間/10:00 ~ 17:00
入場料/大人(中学生以上)1,000円、小学生600円、幼児(3歳以上)500円
https://www.ryutouen.co.jp

さて、2日目。

まずは、レトロな遊園地のメルヘン村へ行く。

入園料を支払い、いざ、入園。連休なのに、お客さんよりスタッフの人数の方が多い...。w
サイトには「森の遊園地 武雄・嬉野メルヘン村」となっているのに、入り口には「花とリス 肥前メルヘン村」となっている。いろいろ迷いがあったのだろう。

随所にレトロや手作り感を感じる。いろいろ試行錯誤しながら現在に至るようだ。

乗り物に乗ってみる。てんとう虫コースターは3周。メルヘン列車は2周と周回を増やしてサービスしていた。プールは猛暑なのに、行った時点では誰も入っていなかった...。園内には、なぜかウルトラマンが多く飾られており、プールのウルトラマンは少し悲しげだった。超穴場スポットなのかもしれないが、経営回復として、もし自分がプロデュースを任されたらどうしようかな?と勝手に考えつつ園内を回った。w

園内には、似たような遊具が多くあり、滑り台が一番多いような気がした。その中でも目についたのが、イルカの滑り台。イルカのおしりにもう1頭のイルカがつっこんでいるようなカタチになっている。作った人はどういう意図で製作したのだろうか。並んで泳いでいるようには見えない。不思議な遊具だ。

そして、ダントツにスリルを感じる遊具があった。名前はわからない。他の公園にぶら下がって真っ直ぐ進むターザンロープは、よく見かけるが一周グルンと回るのは珍しい。

やってみると、遊具や木にぶつかりそうで怖いし、予想以上に左右へ揺れる。子供は大はしゃぎで何回も乗っていた。無料の遊具だったが、これを1回100円にして遊ぶのもいいのでは?と思った。そのくらい楽しめた。

看板に、この遊具が描かれていた。あっ、イルカも。

暑いから、早めにメルヘン村を後にして、武雄市こども図書館に向かった。

 メルヘン村

住所/佐賀県武雄市西川登町大字神六20040番地
入場料/大人1,100円(高校生以上)、小人700円(3才以上中学生まで)
http://www.marchen-mura.jp

武雄市図書館の隣に武雄市こども図書館が出来ていた。

立派な建物。

ちょうど、絵本の読み聞かせの時間で参加した。子供を引き寄せる4冊の絵本と紙芝居1つの読み聞かせでした。

壁には、tupera tupera(ツペラ ツペラ)による大きな絵が飾られていた。武雄の大楠をモチーフにしたのかな。

2階には、九州パンケーキのお店が入っていました。

九州パンケーキのキッズセットとソフトクリームを注文。

弾力のあるモチモチとしたパンケーキで美味しかったです。

 武雄市こども図書館

住所/武雄市武雄町大字武雄5304-1
開館時間/9:00〜21:00(年中無休)
https://www.epochal.city.takeo.lg.jp

行きがけに、三瀬峠トンネルの反対側が混んでいたのが気になったが、帰りには解消していると思いきや、帰りも大渋滞だった。理由は帰る際わかった。旧道の封鎖と料金所の2ヶ所のうち1ヶ所が土砂崩れで危険のため、1ヶ所に減少していた。

猛暑の中、プチ嬉野・武雄旅行でした。

-佐賀の施設, 佐賀の観光

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.