デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

福岡の観光

門司港へキャプテンドラえもん号に会いに行く

更新日:


スポンサーリンク




「映画ドラえもん のび太の宝島」を記念して、キャプテンドラえもん号が横浜港からはじまり、蒲郡港、名古屋港、神戸港、そして門司港へやってきた。
当初、博多港の予定だったが、急遽、門司港に変更された。

キャプテンドラえもん号は、帆船「みらいへ」をドラえもん仕様にしている。

船内へ入る整理券の配布を並んで受け取った。
入船まで時間があるので、近くのブルーウィングもじを見にいく。珍しい西海岸可動橋で全国で最大級の歩行者専用のはね橋。時間により、橋が両側から上にあがる。

開橋時刻と閉橋時刻
10:00/10:20
11:00/11:20
13:00/13:20
14:00/14:20
15:00/15:20
16:00/16:20

橋を渡っていると大きな犬がきて、子供が「大きい〜!」と言うと「大きいでしょう」と返事が返ってきたと思ったら妻の友人だった。

立ち止まって話している時もすれ違う人が立ち止まって「触っていいですか?」と大人気の大きな犬でした。全然噛まなく大人しい性格のようだった。

それから、出光美術館(門司)へ。出光創業史料館は大人100円の入館料。

岡田准一主演の映画「海賊とよばれた男」のシーンで登場した建物などの模型が展示されていた。

イランのアバダンへ命懸けで行き、ガソリンを積んで無事に帰ってきた日章丸の模型もあった。

もっと、じっくり見たかったが子供が我慢してくれるはずもなく早々に退館。

 出光美術館(門司)
住所/福岡県北九州市門司区東港町2-3
開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日/毎週月曜日(祝日の場合は開館)年末年始および展示替期間
http://s-idemitsu-mm.or.jp

ドラえもん号へ戻る前にランチすることにした。せっかくなので焼カレーをいただいた。

焼カレーのお店が数多く並んでおり、子供と一緒に入店しやすいお店を選んだ。

そして、時間となり、関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)の前に船舶しているキャプテンドラえもん号の場所に戻ってきた。天気が曇っていたが快晴に。

関門海峡ミュージアムは現在、リニューアル工事中。

いざ、ドラえもん号へ潜入。台所やトイレなど隅々まで見せてくれた。
ずっと揺れていたので、少し酔いそうだった。

所々にドラえもんのパネルやミニドラの置物があり、子供たちのテンションを上げる仕掛けあった。

予想より子供が喜んでくれてよかった。

それから、下関の火の山公園へ。
頂上まで車で登れるけど、あえてロープウェイで登ることにした。
ロープウェイ乗り場の横にあるトルコチューリップ園を鑑賞。

ロープウェイ乗り場に戻って乗車。いい感じのレトロ感。

火の山公園に到着。多すぎる展望台があちこちある。夜景はもっとキレイだろうなぁ。

パノラマで撮影してみた。

公園の奥に子供の遊具があって、遊べそうだった。家族連れは車で登った方がゆっくり遊べそう。

降りる時、トルコチューリップ園を上から見ることができた。

ドラえもん号が博多港から門司港に変更されたから、門司港〜下関巡りができました。

-福岡の観光

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.