デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

日常

子供と一緒に遊ぶ西公園と笹山公園

更新日:


スポンサーリンク




お正月休み、子供と一緒にいくつかの公園へお出掛けしていた。
その中で、西公園と笹山公園のお話。

まずは、西公園。
光雲神社にお参りをして、遊具がある公園でボール遊び。
子供が「木の公園がある」と言う。
そんな場所あったかな?と思いつつ、子供に連れられ行ってみると、展望広場の横を降りたところにあった。
そういえばあった!

木のジャングルジムに滑り台。
見方によっては、アートな建造物に見えてしまいそうなジャングルジムだ。

周りの白い壁のような部分を子供は滑り降りる。
結構、急な角度で、大人が滑ると着地の衝撃で腰など、あちこち痛手を負うから注意が必要。
ここで遊んでいる人を見たことなかったが、子供はここをよく覚えていたなぁ。

別の晴れた日に撮影しました。

ついでに、西公園内を撮影したので、ご案内。まずは、公園内にある光雲(てるも)神社。

光雲神社は、民謡「黒田武士」で有名な黒田如水と黒田長政を祭っている。

光雲神社の看板の引用文。

この神社には、黒田如水公と黒田長政公の霊を祭ってある。如水、長政両公は、全国的に有名な民謡「黒田武士」の育ての親であり、また「福岡」の名付け親でもある。
光雲神社という名前は、両公の法名からそれぞれ一文字ずつとってつけた。

この神社は如水、長政両公の子孫嗣高公が藩主になられたとき福岡市舞鶴城内(現、平和台跡地)本丸天守台の下に造られた「ところが」明治四年(1871年)廃藩置県のさい黒田家が東京に移転されることに決まると歴代藩主の恩恵をしたうあまりに旧藩民有志が当時十一代藩主であった長溥公に懇願し、許可を得て明治四年八月小烏吉祥院(現在の警固神社近く)に神社を移した。

1明治八年三月県社に昇格
2同四十年四月西公園に社殿落成移転
3昭和二十年六月被戦災
4同四十一年十月現在社殿に鎮座

西公園メインの展望所、中央展望広場。

最近、トンビが多い。西公園と大濠公園を行き来しているようだ。

この中央展望広場の左側に木のジャングルジムがある。
さらに左に進むと西側展望広場がある。最近、思いっきり伐採されたので、眺望がよく見渡せるようになった。

 西公園

住所/福岡市中央区大濠公園1-2
http://www.nishikouen.jp

次は、糸島の笹山公園。
長い滑り台があるという情報だけで向かった。

公園に到着。
桜の木が多くあり、桜が咲く季節は綺麗そうだ。
はじめて来たので、全然わからない。
滑り台は、どこにあるのだろう?
迷いつつ、地元の人であるだろう犬を散歩しているおじいちゃんに聞く。
反対側だった。
上り坂を越えて、山道の先にあった。

お尻の下に敷くものを1つ持参していて正解だった。
遊んでいる子供たちはダンボールを持参しており、ダンボールを敷いて滑っていた。

ローラー滑り台の名前は、風太郎。
長さは57m、高低差は13.3m。

滑り終えた先には、遊具がある公園があった。
高台なので、景色が見渡せる。
桜の季節にまた訪れたい公園だ。

 笹山公園

住所/福岡県糸島市前原駅南2

-日常

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.