デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


アートイベント

福岡市科学館のスケスケ展へ

更新日:


福岡市科学館で開催のスケスケ展〜スケると見える仕組みの世界〜へ見に行った。入ってすぐに、スクリーン前に立って自分自身がスケスケになる仕組み。自分の動きに合わせてスクリーンに映った骨格が連動して動き、子供たちは大はしゃぎだった。

動物の実際の骨格の前のスクリーンに動物が歩いて現れて合わさる仕掛けが見事だった。こちらを向いて吠えるから少しビックリした。

オニヤドカリが透明の貝殻に宿借りしている。恥ずかしいから見ないでぇ〜と言っているようにも見えた。w

YOSHIKIが弾いている透明なピアノが展示されてあった。同じKAWAIのメーカーだが、YOSHIKIの愛用のピアノはクリスタルグランドピアニストで2,000万円と高額だ。展示されてあったのは640万円の方だと思う。

ボールも輪切りにされ、中身が見られる。車や自動販売機の仕組みもあった。

バラエティ番組でお馴染みの箱の中に手を入れて、中に入っているものを当てるというものがあった。匂い、触る、振って当てる3種類が3箱ずつあり、子供も体験するので、強烈なものは入っていない。でも、皆さん楽しそうに当てていた。

てっきり透明骨格標本がたくさん展示してあるかと思っていたが、数点しか展示されていなかった。ちょっと気持ちいいものではないが、もっと見たかった。

スケスケ展は、科学館らしい展示会になっており、学びながら楽しめました。

5階の基本展示室へ移動。日曜日ということもあり、でんじろう先生みたいなサイエンスショーが開催されていた。主にエタノールを使用した簡単な爆発を起こし、紙コップを飛ばすというもの。最後に小麦粉を使った大爆発が待っていた。

基本展示内容は変わっておらず、期間限定展示と思われたところは、クリエイティブスペースとなり、そのまま継続されていた。

6階のドームシアターへ。現在、ちびまる子ちゃんの番組が人気になっているが「WE ARE STARS」の番組を鑑賞した。宇宙のはじまりからをキャラクターが説明してくれる。おもしろい番組だったが、妻と子供は爆睡していた。w

いつか子供は入れない大人だけの番組を鑑賞したい。大人だけの番組はアロマの香りを使用しているので、通常でもアロマの香りは残っている。

 スケスケ展

開催場所/福岡市科学館 福岡市中央区六本松4-2-1
開催期間/2018年7月14日〜9月24日 終了
休館日/火曜日
料金/一般(高校生以上)1,000円、小中学生600円
https://www.fukuokacity-kagakukan.jp

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-アートイベント

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.