デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


福岡の観光

柳川OUTING GARDEN森と水辺のワンダーランドへ

更新日:


柳川OUTINGという西鉄のラッピングバスを街中で見かけ、柳川らしからぬデザインで何だろうっと思っていた。それから、柳川OUTING GARDEN森と水辺のワンダーランドというイベントが開催されているのを知った。どうやらダイスプロジェクトが仕掛けているようだ。急遽、行ってみることにした。

NHK福岡でスポーツフェスタ2018が開催

その前に、NHK福岡でスポーツフェスタ2018で開催されていたので子供と一緒に行ってみた。

子供がクライミングにチャレンジ。数年前は少しでも上に登ると高さに怖がっていたが、今では一番上まで、あっという間に登れるようになった。

さて、2019年の大河ドラマは「いだてん〜東京オリンピック噺〜」。オリンピックに初参加した男、金栗四三とオリンピックを呼んだ男、田畑政治の2人の主役をリレーしながら、知られざるオリンピックの歴史を描く。その金栗四三のマラソンシューズが展示してあった。「開運!なんでも鑑定団」で、現在のマラソンシューズの原型と鑑定されたそうだ。

どーもくんふわふわジャンボで跳ね回って終了。

護国神社参集殿でgood paper from KYUSHU 2018が開催

それから、護国神社参集殿で開催のgood paper from KYUSHU 2018へ立ち寄った。紙にこだわった商品のイベント。

それは顔ハメパネルではないと思うが、爪先立ちで子供が顔ハメしていた...。

多くの人で賑わっていました。おみくじを結んで作るアートは誰かの顔なのかなっと思っていたふが、九州の地図だったようだ。

ざうお天神店で釣りランチ

子供が釣りをしたい!っと言い出して聞かないので、釣船茶屋ざうお天神店に向かった。

餌に見向きもしてくれない鯛は釣れなかったが、引っ掛け釣りで鯵を釣り上げた。自分で釣り上げたことに嬉しかったのか、子供は鯵のフライをペロリと食べてしまった。


スポンサーリンク


柳川OUTING GARDEN森と水辺のワンダーランドへ

いよいよ目的地の柳川OUTING GARDEN森と水辺のワンダーランドへ出発。

柳川パーキング(1日500円)に車を停めて、舟(1人片道200円)で会場へ向かった。

到着地点でWelcomeのボードの下を舟で潜って到着するこだわりよう。たったこれだけでテンションが上がる。

入場料として18歳以上1人1,000円を支払って入場。入ってすぐ小さなメリーゴーランドが目を引く。

会場はカントリー風なテイストの雰囲気でまとめられていた。エリアが3ヶ所にわかれており、最初に訪れたのはPICNIC&WORK SHOP AREA。飲食やコドモシネマなど家族で楽しめる。

次は、CINEMA AREA。暗くなってから上映されるようだ。水面にも映る投影は、また違った感じの映画になることだろう。

最後にMUSIC LOUNGE AREA。川の上にステージが設営してあり、舟に乗って鑑賞できる。

薄暗くなり、ライトが光り輝き幻想的になってきた。

ピエロック一座による人形劇が始まった。まさか一人での開催は驚いた。いい感じでのヌケ加減が笑いを誘う。さらに3日連続で見に来ている小さな子供達が、イイ返しをしていた。

ピエロック一座「あのバイクを盗んで走った15の夜を覚えているかい?」
子供たち「覚えてるー!!」

ピエロック一座、マリリンモンロー風な人形で「やらしく見るから、やらしく見えるんだよー」
子供たち「キャー!!」

と、かなり盛り上がっていました。

すっかり暗くなった。30分ごとに来てくれる舟がちょうど行ってしまい、歩いて車を停めている場所に戻った。歩いても舟とほとんど変わらない時間。

柳川の街の雰囲気を変えた素敵なイベントでした。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-福岡の観光

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.