デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


小旅行

広島県鞆の浦への旅

更新日:


広島県の鞆の浦へ行った時(2017.9)の旅の再編集です。
崖の上のポニョや数々の映画、ドラマの舞台になっている鞆の浦。

ずっと行ってみたかったが、連休は宿の予約が取れない。よって今回、4月から予約をしており、台風が来ないことを願っていた。台風は避けられたが、気になる天気は曇り。

いざ出発。車で片道6時間弱の旅。遠かった...。予約していた宿、景勝館漣亭に到着。

荷物を置いて、周辺の散策へ出掛けた。宿からすぐ近くの龍馬の隠れ部屋・桝屋清右衛門宅に立ち寄る。今は階段が設置されているが、当時、隠し部屋に行くには、天井の一部を外し、はしごで登って部屋へ行っていたそうだ。坂本龍馬が書いたであろう手紙が置いてあった。

さて、散策へ続き、しまなみ信用金庫。流星ワゴンのドラマで、香川照之や西島秀俊が演じていた場所だ。

さらに別の撮影場所へ。 残念なことに反対の海側は工事中。

御船宿いろは。そこには宮崎駿監督がデザインしたカフェがある。

崖の上のポニョっぽい船着場を歩き、一番の観光スポットである常夜燈に到着。よく撮影されている場所だ。

ここの近くにある、いろは丸展示館へ。先程の隠し部屋がこちらに再現され、妙にリアルな坂本龍馬の人形がいた。ちょっと怖い。

それから、福禅寺 対潮楼へ。 天井や柱が、額縁みたいになり、より景色を引き立てて魅せてくれる。

次の日、崖の上のポニョの最後の方に出てくる公園のモデルになったと言われる瀬戸内海国立公園後山へ。宗介がバケツに入ったポニョを持って、手すりの上を走っていた場所。

ここから景色は、あまり見えなく、公園前のビューポイントの方が見渡せた。さらに景色が見える場所が新たに工事中でした。

それから、子供が喜びそうな遊園地「みろくの里」へ。福岡ではリニューアル前のかしいかえんといったところか。

レトロな遊園地。子供は大はしゃぎで、楽しめたようだ。私個人は、ヒマラヤコースターに乗った。 横回転が多いのが珍しい。ちょうどいい、ゆるっとしたループコースターでした。

そして帰宅途中の広島市現代美術館に立ち寄った際、壁に貼ってある見てはいけないポスターを見てしまった...。ふくやま美術館「マリメッコ展」開催中。鞆の浦から近くの美術館で、長崎県美術館での開催時に行けなかったマリメッコ展。行った方々が大絶賛していた展示会。戻るには、すでに2時間かかる。痛恨のミス...。観に行きたかったなぁ。しょんぼりと長い道のりを帰宅したのでした。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-小旅行

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.