デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


日常

宮若ふるさと祭2018へ

更新日:


日曜日、子供と2人でお出掛け。宮若ふるさと祭2018へ行くことにした。

開催場所は、宮若市の脇田温泉から近くの「西鞍の丘総合運動公園」。こんな広い場所があるなんて知らなかった。

子供が遊ぶ遊具が充実していた。

宮若ふるさと祭2018へ来た一番の目的は、怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーショー。

かしいかえんなどで開催の場合は、場所取りなど大変だが、思っていたより全然余裕で、最前列で見ることができた。

撮影会もほとんど並ばず、子供がめっちゃフレンドリーにヒーロー達と接していた。

ヒーローショーは通常、主役1人、敵1人、ザコ敵2人の4人が定番だが、今回は怪盗戦隊ルパンレンジャーが3人、警察戦隊パトレンジャーが3人、敵1人、ザコ敵1人の8人。もしかしたら、掛け持ちしている人がいるかもしれないが、倍の人数が必要なのは大変そうだと余計な心配をしてしまった。

怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーの放送開始当時は、警察、怪盗、ギャングラーという敵が入り乱れ、おもしろく感じられなくて、子供も興味を示さなかった。だが、子供の友達からの影響で口にするようになった。放送も「おとうさんといっしょ」に出演したいた元木聖也さんが途中から出演するようになって流れが変わり、おもしろくなった。

おもちゃとの連動・販促のせいか、昔のヒーローとは違い、どんどん新しい武器やマシンの登場や合体していく。スポ根時代とは異なり、特訓や試練をせずに、あっさりパワーアップして強くなってしまう。そんな時代になってしまったのでしょうね。

宮若市の追い出し猫の着ぐるみが4体もいた。力を入れている感じが伝わってくる。

くるま展示コーナーに、はしご車やバス、パトカーが来ており、乗車できた。はしご車には時間切れで乗ることができなかった。

子供がバスとパトカーの運転席に座らせてもらった。

パトカーのところに、警察戦隊パトレンジャーが来てくれたらおもしろかったのにな。w

最後にお楽しみ抽選会が開催された。抽選会への申し込みは14時までに投函していたら応募完了だった。北海道旅行やNintendo Switchなど豪華賞品。まずは協賛企業からの賞品の当選番号の紙が配られた。150点と賞品の数が多い。

残念ながら当選はしなかったが、当選確率は高かったように思われる。毎年開催されているようなので、おすすめなお祭りです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-日常

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.