デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


佐賀の施設

吉野ヶ里歴史公園ライトアップイベント「吉野ヶ里光の響」

更新日:


吉野ヶ里歴史公園に子供用遊具が新しくできているのは知っていたが、なかなかタイミングが合わず行っていなかった。

今回、なんとか閉園1時間半前に到着。

「遊びの原」という立派な子供用遊具ができていた。

ふわふわドームが一番人気のようだ。危険がないかどうか、常にスタッフが見守っているから安心。

吉野ヶ里遺跡オリジナル遊具で、物見櫓などをカタチどっている。

滑り台が多く。小さい子から大きめの子まで楽しめるようになっていた。

スマホで吉野ヶ里歴史公園のサイトにアクセスして、公園内の地図を確認していると、夜にライトアップイベント「吉野ヶ里光の響」が開催しているのを発見。遊具で遊んで帰る予定だったが、夜のイベントを見ていくことにした。

車を西口駐車場に停めていたので、東口駐車場へ移動。入園チケットは昼間購入した分で入れた。

各所でライトアップされている。

色のゴチャゴチャ感があったので、エリアごとにテーマを決めて、2色程度に配色を決めていったら、もっと綺麗そうな感じがした。だが、夜間に古代の世界に入るのは異様な雰囲気だった。

物見櫓に登ると、キャンドルの地上絵で何が描かれているのか確認できた。

出店が出ており、焼きそばとたこ焼きを購入していただいた。ストーブが用意された飲食ブースがあり、暖かい場所で食べることができた。

寒いので、室内で体験できる「勾玉づくり」に参加。子供はこの体験プログラムが一番楽しかったようだ。真っ白になって勾玉を削っていた。

19時30分からの熱気球の夜間係留「ナイトグロー」を見に行く。3機の熱気球が並んで灯を照らしていた。定期的にアナウンスがあり、3機同時にバーナーを点火させて、シャッターチャンスを作ってくれた。雨風で天候が悪いと中止もあるようだ。

12月22日(土)、23日(日)は10機に増える予定。

熱気球の間近まで近寄ることができる。

20時からは500発の打ち上げ花火。

熱気球と花火のコラボは珍しい。

予定外の光のイベントに参加できました。

 吉野ヶ里歴史公園 ライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」

開催日/2018年12月8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)・24日(月・振)
開催時間/17:00~21:00(最終入園20:30)
開催場所/公園東口~「南内郭」・「南のムラ」芝生広場
入園料(17時以降)/ 大人280円、シルバー(65歳以上)200円、中学生以下無料
駐車場利用無料(17時以降)
http://www.yoshinogari.jp

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-佐賀の施設

Copyright© kozakura , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.