デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


アートイベント

吉岡徳仁ガラスの茶室ー光庵が佐賀県立美術館で開催

更新日:


佐賀県立美術館で開催中の「吉岡徳仁ガラスの茶室ー光庵」へ伺った。

京都の将軍塚青龍殿に設置され、多数のデザイン・建築関係の雑誌に掲載され、大きな話題を呼んだ「ガラスの茶室ー光庵」がやってきた。

パンフレットの引用文

吉岡徳仁は、デザイン、アート、建築など、幅広い領域において、自由な着想と実験的なテクノロジーから生み出される作品により、世界に影響を与える創り手の一人として、国内外で高く評価されています。彼はこれまで、自然と人間の関係性に着目し、とりわけ光がもたらす感覚に対する追求と研究を重ね、独自の手法で作品を表現してきました。

作品の数々は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、ポンピドゥー・センター、オルセー美術館、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館など世界の主要美術館で展示・コレクションされています。

また、2001年度毎日デザイン賞、平成18年度(第57回)芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)、Design Miami/Designer of the Year 2007、Maison & Objet/Creator of the Year 2012、Milano Design Award 2017最高賞など、国内外を問わず多数の賞を受賞しています。

「ガラスの茶室ー光庵」は、2011年第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にてデザインを発表したもので、2015年には、京都の重要文化財にも指定される天台宗青蓮院門跡の境内、東山の頂上にある将軍塚青龍殿に設置され、大きな話題となりました。

本展では、京都で展示されていた「ガラスの茶室ー光庵」を美術館に設置し、光のインスタレーションを発表するとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」や、ガラスのテーブル「Waterfall」などを展示いたします。

自然のエネルギーやオーラを知覚化した作品は、人間の感覚を超越する、新たな光の体験を生み出します。

まずは「Waterfall」ガラスのテーブル。

水面のような揺らめきのある表面。

端から子供が顔を覗くと、万華鏡のように映し出された。

メインの「ガラスの茶室ー光庵」

存在感は強いが、山の頂上での京都の将軍塚青龍殿の中に設置されているイメージがあるので、あの景色の中での「ガラスの茶室ー光庵」で作品が完成なのかもしれない。部屋に閉じ込められた感があった。

白く灯を照らしている壁に、いろんな風景を映し出したら、またイメージが変わったかも。

「Eternal,Swarovski」ダイヤモンドのカタチのスワロフスキーをガラスに閉じ込めたものだろうか。

虹色の光が壁に映し出されていた。

あと「Prism,Dom Perignon Art Project」が展示してあり、んっ? 作品点数は4点!?

いや、「ガラスの茶室ー光庵」のまわりに置かれた「Water Block」を合わせて作品点数は全部で5点だけだった。

佐賀県立美術館リニューアル記念の吉岡徳仁展―トルネードの時は、大量のストローを使った「TORNADO」や結晶の椅子など、多数の作品の展示だっただけに、5点はさすがに違った意味で衝撃だった。

 吉岡徳仁ガラスの茶室ー光庵

開催場所/佐賀県立美術館/佐賀県佐賀市城内1-15-23
開催期間/2018年11月28日(水)〜2019年2月11日(月・祝)
観覧料/大人・大学生1,300円、高校生以下無料
https://saga-museum.jp/museum/

佐賀県立美術館へ行く前に、三瀬そばで天せいろをいただいた。今、個人的に一番美味しいと思うお蕎麦屋さん。

他店は配合の割合により、ゴムっぽく感じる時があるが、ここはそれを感じず、美味しい。

まさかの子供が、ざるそばを全部食べてしまった。三瀬そば(二段)を追加注文をしようとしたら、店員さんが量が少ないように言ったため、三瀬そば(三段)を注文したら多過ぎた...。

 三瀬そば

住所/佐賀県佐賀市三瀬村大字三瀬2858-2
営業時間/10:30~19:30(冬期は19:00まで)
定休日/ 月曜日(祝日の場合は翌日)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-アートイベント

Copyright© kozakura , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.