デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

アートイベント 佐賀の観光

佐賀県立美術館に三人展(池田学、葉山有樹、八谷和彦)へ

投稿日:


スポンサーリンク




佐賀県立美術館で開催中の三人展-Forward Stroke 明日への眼差し-(池田学、葉山有樹、八谷和彦)へ行くことにした。

三瀬峠経由だったから、三瀬そばをいただく。天せいろ1,300円を注文。あれっ?以前より美味しく感じた。天ぷらのエビもプリップリ。天ぷらに梅干しが入っているのが独特だ。

 三瀬そば

住所/佐賀県佐賀市三瀬村大字三瀬2858-2
営業時間/10:30~19:30(冬期は19:00まで)
定休日/月曜日(祝日の場合は翌日)

お土産に元祖吉野家の白玉饅頭で10個入りを購入。個人的に悪魔の饅頭と呼んでいる。もちろん美味しくって、ついつい食べ過ぎてしまうのだが、日持ちしないため当日に食べてしまわないといけない。一度、次の日に食べたことがあるが、とても食べられない味になっていた。

よって、食べ過ぎてしまうため、悪魔の饅頭と呼んでいるのだ。注意しないと体重が急増してしまう。今日もまた美味しいから買ってしまうのだった。

 元祖吉野家 白玉饅頭

住所/佐賀県佐賀市大和町大字梅野173
定休日/第2・4水曜日・元旦
http://yoshinoya-net.com

佐賀県立美術館に到着。

3人の作品がそれぞれ部屋ごとに分かれていた。池田学さんの作品の一部以外、撮影可能。まずは、陶芸家の葉山有樹さんの作品。空間を贅沢に使用した作品。

タイルの大きさで組み立てたであろう大きな壁に、絵付けで描かれていた。最近のゲームに出てきそうな世界観だった。

部屋は変わって、八谷和彦さん。ピンクのクマのキャラクターのメールソフト「PostPet(ポストペット)」を開発したことで有名だ。

それから、「風の谷のナウシカ」でナウシカが乗るメーヴェを現実に作ろうとしていて、失敗続きまでは知っていた。実際に飛ぶことを実現させていたんだね。

長年に渡る製作過程を映像で流されていた。

その実機が展示されていた。飛んだことは凄いが、紐などを革で作るなど、原作の世界観に近づけていってほしかったな。まだそんな余裕はないのかな。

寺田克也さんが描かれた絵も展示してあった。

福岡で展示会を開催された寺田克也さんの絵がここでも見ることができて嬉しかった。2018年8月17日に、ライブドローイングで描かれたもの。

テラテン寺田克也TERRA展へ

さぁ、私にとってメインの池田学さんの部屋へ。以前の展示会でも展示されていた「誕生Rebirth」の作品。ガラス越しだが、前回より近くで見ることができるようになっていた。

3年かけて製作された作品が見事に圧巻だ。池田学さんの原画は凄まじい。印刷になると劣ってしまうのが残念。まだ観ていない方は、ぜひ実際に原画を観てほしい。

細かすぎる上に、随所に物語を感じる。引いて観ても凄まじく、迫力を感じることができる。細かく描くと全体のバランスが崩れそうだが、きちんとまとめているところも凄い。

 三人展-Forward Stroke 明日への眼差し-

開催場所/佐賀県立美術館
開催期間/2018年9月30日(水)〜11月18日(日)9:30〜18:00/会期中無休
観覧料/一般・大学生1,200円、高校生以下無料
http://saga-museum.jp/museum/

帰りに、與止日女(よどひめ)神社に立ち寄った。好きな空気感。
ちょっと珍スポット的なものも...。やはり子宝に恵まれるようにだとか。

川を挟んで龍登園が見える。白玉饅頭も見えた。白玉饅頭の駐車場の上はお墓だったんだ。

空を見上げると、羽の片側に見えた。よって、シンメトリーにしてみた。翼のように見えるかな?

さらに奥へ行くと、仁王門があり、仁王像が中から睨んでいた。

薄暗くなってきたので、ここで終了。

 與止日女(よどひめ)神社

住所/佐賀県佐賀市大和町川上1-1
https://yodohime-jinja.jimdo.com/

 

-アートイベント, 佐賀の観光

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.