デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


福岡の施設

ヤクルト福岡工場見学へ行く

更新日:


子供と一緒にヤクルト福岡工場に工場見学へ行くことにした。予約はネットで2日前にやっていた。

ヤクルト福岡工場に行く前に、筑紫野市総合公園に立ち寄った。子供が大人しく工場見学するわけがなく、その前に公園で思いっきり遊ぶためだ。

ドデカい海賊船の遊具で遊びまくる。

急降下の滑り台にも慣れたもので、年上の子供が怯えている隣で何回も滑っている。

 筑紫野市総合公園

住所/筑紫野市大字山口382-6
開園時間/3〜10月9:00〜18:00、11〜2月9:00〜17:00
駐車場/無料、272台

ひとしきり遊んでから、ヤクルト福岡工場へ移動して到着。

お出迎えのパネルで写真撮影。

早めに着いたので、待合室で待っていると、時間前に工場見学者が全員揃ったので、時間前に案内開始された。

ヤクルト400をいただきながら、会社概要、商品説明を受け、ビデオ上映を見る。
お土産に大人はオープナー、子供は定規をもらった。こちらは、空容器を再利用して作られたものだ。

もらえたのは緑色だが、展示にオレンジやピンク、青色があった。工場見学の日によって色が変わるのかもしれない。

ヤクルトのパッケージや蓋の部分の付けられる前を見せてもらったりして、使用して穴だらけになった蓋の部分のテープ状のものは再利用されるようだ。

世界中で販売されているヤクルトのパッケージが展示されていた。

さらに、世界で流されてるTVCMを見ることができた。各国でテイストが違うので、全部見てみたかった。見たのは、韓国とイタリアとオーストラリアのCMでした。

初期の頃のヤクルトのガラスの容器も展示してあった。

ヤクルトの生産工程の箇所は撮影不可だったので画像はないが、念入りな検品作業がされていた。

長年愛され続けられているヤクルトの工場見学は、歴史と進化を垣間見ることができました。

 ヤクルト福岡工場の工場見学

住所/福岡県筑紫野市大字俗明院1番地の1
所要時間/約60分
案内時間/9:00〜、11:00〜、13:30〜
予約/前日までにネットで予約
https://www.yakult.co.jp/knowledge/factory/c12.html

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-福岡の施設

Copyright© kozakura , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.