デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


福岡の施設

バンビーナと海の中道海浜公園

投稿日:


スギ花粉の飛散量が多過ぎて目のかゆみを通り越し、燃えるように痛い。
子供が公園に遊びに行きたいというので、花粉の飛散が少ない場所を考え、海の近くなら少ないかなっと思い、海の中道海浜公園へ行くことにした。

途中、手作り家具屋さんの「bambina+(バンビーナ)」へ立ち寄る。

海のすぐそばにあり、絵になる建物。

子供の机を検討しつつ、少し景色に和む。

 bambina+(バンビーナ)

住所/福岡市東区雁の巣2-9-63
営業時間/土・日曜日のみオープン/11:00〜17:00
http://bambinaplus.com

牧のうどんで昼食をとり、海の中道海浜公園へ向かった。

海の中道海浜公園は、通常より混んでいると思ったら、無料入園日だった。
子供の遊び場より少し離れてしまう海の中道駅横の駐車場に車を停めた。

子供は遊具で、はしゃいで遊びまわる。やはり、ここは花粉の飛散量が少ないようだ。症状が楽みたい。

迷路が好きで、走り回っている。スタンプが3ヶ所あり、なかなか見付けられなかったようだ。上からは一ヶ所しか見えない。

最近、増えてきた山型のトランポリン遊具の「ふわふわドーム」。周辺に空気を送り込んでいる装置は見当たらないし、どういう構造になっているのだろうと不思議に思っていた。調べてみると、やはり地中に埋められた配管により、空気を送り込まれているようだ。あれだけの空気を送り込むには、送風機の音が大きそうだが聞こえない。それも地中に埋められているのだろうか。太陽工業株式会社が作っているようだが、詳しい構造はわからなかった。

それから、少し離れた遊具の場所へ移動。イルカをモチーフにした大きな遊具だ。

閉園時間になり、帰ろうとしていたところ、水辺に泡が溜まっているところがあって、子供が興味を示していた。
「汚いよ」と注意はしていたものの、まさか入るとは思っていなかった。
子供は泡だけと思い、片足ズボッと入った。下に水があるとは思っていなかったらしく、そのままヨロけて、救いの手を差し伸べたが間に合わず、全身ズボーンと落ちた...。

子供は全身ずぶ濡れのまま「アホやね〜」っと笑いながら、遠い駐車場へ向かったのでした。念のために着替えをもってきて正解でした。

 海の中道海浜公園

住所/福岡市東区大字西戸崎18−25
営業時間/3月1日〜10月31日 9:30〜17:30、11月1日〜2月末日 9:30〜17:00
入園料金/大人450円、中学生以下無料
https://uminaka-park.jp

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-福岡の施設

Copyright© kozakura , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.