デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


佐賀の施設 福岡の施設

ネコ家具EXPO!を見に大川木工まつりへ

更新日:


話題のネコ家具を見に、第69回大川木工まつりが開催されている大川産業会館へ行った。

たくさんブースがある中、ネコ家具EXPO!2018は、ひときわ賑やか。

ネコ家具EXPO!2018の説明の引用文

大川家具は職人がつくる良質な家具です。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」をつくってみました。気まぐれで、自由奔放。だけど「心地よい場所」に対してはすごく貪欲なネコ。そんなわがままなネコも満足させちゃう家具。それが「ネコ家具」なのです。製作を担当したのは、大川を代表する家具店。卓越した職人技を集結させ、それぞれ特徴のちがう個性的な家具ができました。そんな「ネコ家具」を大集合させたのが【ネコ家具EXPO!】です。大川家具職人の本気の技を見て、体感してください。

大川家具の各メーカーが製作しており、7点出品されていた。アンケートに答えるとネコ家具が当たるイベントも開催。通常の家具の約2/5の大きさだそうだ。個人的には、平田椅子製作所が作られたオレンジ色のソファー【PISOLINO Sofa(片肘)】がお気に入り。「pisolino」とは、イタリア語で「うたたね」の意味。左右対称のソファーをくっつけた場合も見てみたい。

ネコはぬいぐるみだが、かわいさ全開だ。猫派か犬派かを聞かれると犬派だが、そんなこと関係なく見入ってしまう商品。

ネコ関連商品は売れると言われ、いろんな商品が出てきて、次第に増えすぎてしまい、自分の飼っているネコに似ているなど限定されつつあったが、ネコ家具は最終形態のように思われた。

話題となったネコ家具の第1弾の動画がコチラ

今回の展示されたネコ家具が登場する第2弾の動画がコチラ

ポストカードを2枚、いただきました。

他のブースでは処分品のソファーが安くて、思わず購入しようか悩んでしまった。

スポンサーリンク


そして、そこから近くに移転されたNEU+STYLEへ初めて伺った。以前の店舗スタイルと変わってアポイントを取っての来店スタイルになっているが、何も取らずにいきなり訪ねた。在宅しておられて対応してもらい、お子さんが三姉妹に増えているのに驚いた。

自宅兼、作業場兼、店舗スペース。現在は完全オーダーによる家具を製作されているようだ。NEU+STYLEには以前、私の自宅の床の板の張り替えなどリフォームをお願いしたり、家具を作ってもらった。

作業場を見るとなぜかワクワクしてしまう。アメリカンな雰囲気だが、家具はシンプルでシャープな作り。

ランプの輸入販売もされており、大きなランプが並んでいた。

またいつか家具を作ってもらいたい。

 NEU+STYLE(ニュースタイル)

住所/佐賀県神埼市千代田町用作625-1
http://www.neustyle.jp

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-佐賀の施設, 福岡の施設

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.