デザイン、アート、プロダクト、福岡

kozakura

スポンサーリンク


スポンサーリンク


福岡の施設

エントランスがリニューアルした福岡市動物園へ

投稿日:


福岡市動物園の入り口にあたるエントランス施設が2018年10月20日に新しくなりました。

予想していたより、大きなエントランスになっていた。

福岡市科学館のような展示スペースが広がる。

動物たちの骨格に、豆知識が画面にて説明。

動物園のマップを投影で案内。どこからバスは、バスで走っているような映像で動物がどこから来たのか解説。

エントランスから入ったところ。後は、以前の動物園とほとんど変わらない。今度、工事が随所に行われるようだ。

レッサーパンダは、大きく育っていた。こちらを向いてくれたりして愛嬌たっぷりだった。オラウータンは微動だにせず、逆に人間を観察しているようでした。

動きが早いカワウソ。水の中の撮影は、早過ぎて撮れなかった。

ライオンに、ヒョウ。ゾウがいなくなったのは寂しいが、定番の動物たちが存在感を放つ。

一番、驚いたクマ。本物だったら飛び出してきそうな穴の中にいる。作り物だが、一瞬ドキッとさせられた。

シカへのエサやり。エサやりには、ちょうどいい動物との距離感。

橋を渡って、キリンがお出迎え。

サル山やマレーバク、シマウマを見て回る。

孔雀の羽の部分が取れてしまっていた。それを見たおじいちゃんが「これでは孔雀ではなく貧弱だ」と言い、うまいことを言ったと思ったのか、その後、何度も同じことを繰り返していたが、孫娘らしき女の子はガン無視していた。孔雀もその場の空気も切なかった。

今後、まだまだ進化し続ける動物園の今後が楽しみだ。

 福岡市動物園

住所/福岡市中央区南公園1番1号
営業時間/9:00〜17:00
店休日/月曜日(祝日の場合は翌日)
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp

子供が「お腹が空いた」と言い出し、福岡市動物園の新しいレストランに行くも、ほとんどが売り切れ状態。福岡市動物園を出てから食事することにした。麺類が食べたいそうで、ニュースマイルのナポリタン狙いで行くが、営業時間に間に合わず。

王丸食堂へ変更。リニューアルされキレイになっていた。

子供が食べれそうなハンバーグ定食1,150円(税込)を注文。美味しくいただきました。

 王丸食堂

住所/福岡県福岡市中央区薬院2-17-13
営業時間/11:00〜22:30
店休日/無休

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-福岡の施設

Copyright© kozakura , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.